インスリン発見の日

1921~1922年のインスリン発見以前は小児発症の糖尿病は死の問題でした。残り数ヵ月から2年の命でしたから。インスリンを手にして初めて合併症を避けていかに生きるかという生の問題になったのです。インスリンは糖尿病者にとって新しいホルモンを入手したということではなく、命そのものの復活だったのです。
続きはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です