なぜ?黄緑色?

黄緑色が好き、こだわっています。新緑の緑が世の中の色で一番すきな色なのです。

21年前、阪神淡路大震災で、瓦礫の山となった街でも、樹々は春を待っていたかのように、新緑の緑の葉を出して命の尊さを教えてくれました。その若い緑を見て、思わず涙があふれました。

毎年1月17日が近づくと、心が重くなります。阪神淡路大震災があった日です。気配は薄くなってきてはいるのですが、決して忘れることはありません。

震度7強、一番揺れのひどいところにいました。それでも家族の命はありました。とても運の良い事でした。電気も水もガスも止まり、なかなか元には戻りませんでした。

お向かいのお宅では家族を亡くされました。同じように阪神大震災で6千余の多くの命がなくなりました。 東日本大震災で、2万人あまりの命がなくなりました。 水害など、災害で亡くなる命、なくなった命が多いから大変もちろんそれもあるでしょう。

しかしそうではなく、ある日突然に無くなるはずのない一つの命がなくなり、その周りの人々の、悲しみや苦しみが多くあるのです。

そして元の生活にも戻れない、家が無くなり、仕事も無くなる、自身に重ねて想像すればわかることでしょう。災害とはそんな理不尽なものなのです。

震災を経験して生き方が変わりました。物への執着心が減り、本当に自分の好きな物に囲まれて生活したいと思うようになりました。

安いから買っておくということがなくなり、安くて(関西人ですから)ほんとに自分が好きだから買うに変わりました。笑

いつも同じ洋服を着ています。華やかに流行を追いかけ、洋服を楽しむことに興味がないということにも気がつきました。女としては失格ですね笑

そして私にとって大切なことは、 健康な命(心と身体が健康)となりました。食べることが大切で、回復するには寝る事が一番となった今の私がいます。

命がある、身体がある、それだけで幸せであると気付かせてくれる1月17日なのです。

ひさねぇ黄緑そして、この写真は我が家リビングの扉です。黄緑好き、アマガエル好き、生き物が好き。友からもらったり、作ったり、買ったり、しているうちに、埃は積もる!個性的な扉になりました。好きなものに囲まれて幸せなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です